はかた地どりについて

  • HOME
  • > はかた地どりについて

抜群の食べ応え、地鶏の旨み。


はかた地どりについて

誕生の背景

鍋にあう料理―はかた地どりは「福岡県の郷土料理である筑前煮や水炊きをもっと美味しくしよう」という発想が原点となって誕生した、福岡県産の地鶏肉です。

はかた地どりの特徴

国内の在来種(昔からいる地鶏)の中で、最も美味だと言われている軍鶏(シャモ)と、旨味成分であるイノシン酸を多分に含むサザナミを祖父母に持ち、これに肉づきのよい白色プリマスロックをかけあわせたものが「はかた地どり」です。
地鶏ならではの噛みごたえ、噛むほどに増す旨味に加え、肉質がきめ細やかでサクッとした歯切れのよさを楽しんでいただけます。

20年の歴史

はかた地どりが誕生してから、早いもので20年以上もの月日が経ちました。これからも皆さまに愛され、信頼できる地鶏肉として、手塩に掛けて育ててゆきます。


地鶏の条件と特徴

地鶏と在来種

「地鶏」とは、在来種由来の血液百分率が50%以上の国産銘柄鶏の総称です。
「在来種」とは、昔からその場所で生きつづけてきた種のことで、軍鶏などがこれに当ります。

地鶏肉の条件

正式に「地鶏」として販売するためには次のようないくつかの条件を満たす必要があります。

  • 鶏の品種:日本在来種(明治時代までに成立、定着したもの)の血液率が50%以上
  • 飼育期間:80日以上
  • 飼育方法:28日齢以降は平飼い飼育をしていること
  • 飼育密度:28日齢以降は1平米当り10羽以下で飼育すること

※この条件は県が定めているものです。
はかた地どりは県の規定に準じて飼育された地鶏です。

食卓にのぼるまで

はかた地どりは以下のような行程管理のもと食卓へのぼることになります。
はかた地どりの生産管理には万全を喫しており、安心して食していただけるよう配慮しています。


食卓にのぼるまでの経路

はかた地どりの生産体制

はかた地どりは、はかた地どり推進会議を中心として生産から販売まで一貫した体制を整えています。
その為、当社で生まれたヒナは、このはかた地どり推進会議で承認された生産者の方のみに届けられ制定された「飼育・衛生管理マニュアル」に基づき管理された鶏だけが「はかた地どり」を名のれるのです。

※はかた地どりヒナの一般販売は行っておりません。

はかた地どりの販売について

はかた地どりは主に福岡県内のスーパーや食料品店で購入することが可能です。
また、インターネットでも販売を行っています。詳しくは「農事組合法人 福栄組合」のページをご覧ください。